2011年10月21日

舞い上がる放射能

文部科学省は若い学ぶ方々をどうしても被爆させたいらしい

文部科学省 報道発表 

2011年10月14日 放射線等に関する副読本の作成について
副読本は上リンクページ下部。 こちら こちらでも読む事が出来ます

小学校児童用「小学生のための放射線副読本」
《リンク先16ページ》

時 間 がた て ば放 射 性 物 質 は地面に落ちるなどして 、空気中に含まれる量が少なくなっていき、エアコンや換気扇などを使うことができ、マスクをしなくてもよくなります。
 このように、事故が収まってくれば、それまでの対策を取り続けなくてもよくなります


 なるほど!そうか。しばらく気をつけておけば《地面に落ちて》安全になるのね!分かりやすいexclamation 指導用参考書はさらにえげつないと感じましたです。


でも全く正反対の事を言っている組織もあるんですよ。



舞い上がりは内部被ばく10倍=放射性セシウム、直接吸入と比較−原子力機構解析

 一度地面に降下し風で舞い上がるなどした放射性セシウムを取り込んだ場合の内部被ばく量は、大気から直接吸入するのに比べて約10倍多いとの解析結果を、日本原子力研究開発機構(茨城県東海村)がまとめた。


 どちらが本当なんだろう?もし後者なら文科省は児童生徒を実験用検体として扱っている可能性が有るんじゃ無いか?これ作った部門は傷害罪が適用されるんじゃ無いのかな。少なくとも《放射線等に関する副読本作成委員会》メンバーはそうなるんじゃないだろうか?
とりあえず名前はメモしておこう。

放射線等に関する副読本作成委員会
   【委員長】
   中村 尚司  東北大学名誉教授
  【副委員長】
   熊野 善介  静岡大学教育学部教授
  【委員】
   飯本 武志  東京大学環境安全本部准教授
   大野 和子  京都医療科学大学医療科学部教授/社団法人日本医学放射線学会
   甲斐 倫明  大分県立看護科学大学教授/日本放射線影響学会
    高田 太樹  中野区立南中野中学校主任教諭/全国中学校理科教育研究会
   永野 祥夫  世田谷区立用賀中学校主幹教諭/全日本中学校技術・家庭科研究会
   野村 貴美  東京大学大学院工学系研究科特任准教授/日本放射線安全管理学会
   藤本 登   長崎大学教育学部教授
   諸岡 浩   西東京市立碧山小学校校長/全国小学校生活科・総合的な学習教育研究協議会
   安川 礼子  東京都立小石川中等教育学校主任教諭/日本理化学協会
   米原 英典  独立行政法人放射線医学総合研究所 放射線防護研究センター規制科学研究プログラムリーダー
    渡邊 美智子 茨城県土浦市立山ノ荘小学校教諭/全国小学校社会科研究協議会


放射能に関しては新聞テレビでの解説を含め誰も信用できないようだ。
Human beings cannot control atomic power at all now. We cannot even do stopping the poison factory.


【関連する記事】
posted by にこらて at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 原子力発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。