2011年09月15日

TOYOTA FT-86 SUBARU BRZ


 フランクフルトモーターショウで FT-86 と BRZ が展示されたらしいね。

 トヨタの市販に近いバージョンは東京モーターショウでお披露目されるらしい。個人的感想ですがフランクフルトのはあまりかっこいいとは思えない。デザインの好みは人それぞれだけどね。

 俺はしばらくの間トヨタ、スバル共同開発スポーツカーってMRなんだろうと思い込んでいた。何故かと言えば幅広の水平対向エンジンはフロントへ設置するには不利だから。良い事全く無い。低重心とか言っているけど補機は上に積み上がる。直4横置きの用が有利なんじゃ無いか?今までのスバルボクサー搭載車は全てエンジンをフロントオーバーハングに設置していた。FRならフロントドライブが必要無いわけだからオーバーハングでは無く前輪の間においたら、フロントサスペンションの自由度は大きく妨げられ、エンジンもショートストローク化は免れ得ないだろ?とか思ってた。

 ちうか、スバルのシャシレイアウト哲学完全否定だろ?利点らしき事と言えばFFやAWDで動力をフロントデフへ戻す機構がいらなくなるわけで、トランスミッションの剛性改善とか、スバル特有の足下の狭さが若干改善するのでは無いかとは思う。

 少し調べてみた。やはりFR専用設計としてAWDは捨てフロントサスの間にねじ込んでいる。

EngineLayoutVS.jpg

SUBARUの特設サイトを見るとレイアウト図らしきものも有った。やはりフロントはサスもエンジンも苦しそうなレイアウトだ。一番上はレガシィのもの。エンジンをオーバーハングに置く事で車室スペースを広く取る事が可能となっている。ただしトランスミッションが車室内へ出っ張るため前座席の足下は狭い。

LgBrz.jpg

MRだとどんな感じかなと妄想してみた。以下の図は全くの妄想です。

mrMod.jpg

 ボディデザインは大きく買えるべきだけどFRよりずっと素敵そうに思える。

posted by にこらて at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする